地下鉄で痴漢冤罪にあった時の逃走に関する注意

地下鉄で痴漢冤罪にあった時の逃走に関する注意

残念ながら、現在の司法制度では痴漢冤罪にあった時、そこから解決する方法は「逃げる」しかありません。

そもそもが悪魔の証明なので、逃げるしか解決手段が無いのです。

ですので、(自らが絶対に潔白であるならば)線路内立ち入りで逃げることが大事になってくるのですが、地下鉄の場合はここだけは注意して下さい。

 

 

こわいでんきが流れています

こわいでんきがながれています

 

地下鉄で逃げる場合、一つ問題があるのが「第三軌条線」。

この線路みたいなものに触れると、750Vの電気が流れているので即死です。

また、触れずとも近づくだけでも感電する場合があるので、逃げる場合は極力線路真ん中を通るようにしてください。

 

 

関連リンク

地下鉄の「線路なう」だけは絶対にやめておいた方がいい理由



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
23日(土)
24日(日)
25日(月)
26日(火)
27日(水)
28日(木)
29日(金)
30日(土)
31日(日)

鉄道と政治カテゴリの最新記事