【東京メトロ】副都心線・有楽町線に新型17000系を投入。2020年度下半期予定、7000系代替へ

出典:「有楽町線・副都心線に新型車両17000系を導入します 」- 東京メトロプレスリリース

東京メトロは11月11日、有楽町線・副都心線向けに新型車両17000系を投入する事を発表しました。

東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:山村 明義、以下「東京メトロ」)は、約45年にわたり活躍している有楽町・副都心線7000系に代わる新型車両17000系を導入します。本車両は、副都心線開業15周年、有楽町線開業50周年に向け、2020年度中に営業を開始し、2022年度までに全21編成180両を導入する予定です。

新型車両17000系は、より親しみを感じていただけるよう、従来の7000系や10000系を連想させるような丸型のヘッドライトを採用するとともに、車内空間を有楽町線・副都心線のラインカラーの色彩に同調させたスタイリッシュなデザインとなっています。

出典:東京メトロプレスリリース


 

14年ぶりの新形式

同線への車両の投入は2006年に10000系の投入以来、14年ぶりになります。

東京オリンピックが開催される2020年度(但し下半期なので開催期間に間に合うかは微妙)に10両編成1編成がまず投入予定で、2022年度までに10両編成を6本、8両編成を15本投入するとのこと。

 

7000/10000系をイメージしたデザイン

出典:「有楽町線・副都心線に新型車両17000系を導入します 」- 東京メトロプレスリリース

外装は7000系、および10000系をイメージした、丸形のヘッドライトを採用。

出典:「有楽町線・副都心線に新型車両17000系を導入します 」- 東京メトロプレスリリース

車内は有楽町線・副都心線をイメージした色調にあわせたものとしています。また、昨今のトレンドでもある、ホームドアと車両床面との差を少なくしたデザイン(1200mm→1140mm)など、よりバリアフリー面も意識した車両となりました。

 

7000系を全廃か

代替予定となっている7000系は全21編成で、新造予定の編成とぴったり合いますね。

スタイルこそ古いものの、最新鋭では1989年に投入された編成がいるなど、大阪メトロ10系のような立ち位置の車両となっています。

今回はその7000系取り替え用とのことですが、いよいよ最後の時が近づいてきています。


今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

12日(木)  なし
13日(金)
14日(土)
15日(日)

1 個のコメント

  • 小田急5000系を見た後なのでまた斬新なデザインかと思いきや結構そうでもなく、クセもなかったので安心しました。この間関東遠征の際に7000系に乗りました。もしかしたらあれが自分にとって最初で最後の7000系かもしれませんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    大阪メトロのファンサイト「Osaka-Subway.com」や「鉄道ファンのクレジットカードのりば」などを運営。この「いまどきの鉄道サイトの作り方」は、私207の個人ブログとして開設・運営しています。