台風19号における鉄道計画運休一覧…JR西日本、JR東海、大阪メトロ等

台風19号の上陸想定により、早めに列車の運転を終了する「計画運休」が実施される見込みです。

昨年は台風の影響が甚大でしたが、今年はやや東部へとそれる予報であることもあり、現時点での関西地区の運休計画はJRのみとなっています。

 


 

JR西日本

2014年に計画運休の先鞭をつけたJR西日本は、今回も動きが極めて早いです。

【朝から終日運転見合わせる線区】
●関西線(加茂駅~亀山駅間)
●草津線(草津駅~柘植駅間)
●和歌山線(王寺駅~五条駅間)
●万葉まほろば線(奈良駅~高田駅間)

【お昼以降、終日運転を見合わせる線区】
●北陸線(近江塩津駅~敦賀駅間)
●湖西線(和邇駅~近江塩津駅間)

【お昼以降、終日運転本数を減らす線区】
※以下の線区で新快速列車の運転を取り止めます。
●琵琶湖線(米原駅~京都駅間)
●JR京都線(京都駅~大阪駅間)
●JR神戸線(大阪駅~姫路駅間)
●山陽線(姫路駅~網干駅間)

参考:https://trafficinfo.westjr.co.jp/kinki.html

 

JR東海

東海道新幹線は、12日の始発から名古屋〜東京間の運転を終日(1日中)休止。

新大阪〜名古屋間は早朝の上下6本だけ運行、以降は休止予定。

 

大阪メトロ

10月12日(土)午前中から、高架区間である御堂筋線の江坂駅~中津駅間、中央線コスモスクエア駅~阿波座駅間、及びニュートラムにおいては、運転を見合わせることがあると予告(正式決定ではありません)

地下区間においては台風の影響を一切受けないことから、運転を継続。

 

京阪・近鉄・阪急・阪神・南海

現在のところ計画運休の予定はなし。当日に被害が大きくなりそうな場合には、減速・休止の可能性があるとの事です。

ちなみに前回2018年の台風では、京阪・南海が早期に計画運休を決定、近鉄がやや遅れ、阪急・阪神が運休の決定になかなか踏み切れず、結果的に帰宅困難者を出しています。

 

その他

海上を高架で走り、影響が大きいと思われる神戸新交通(ポートライナー・六甲ライナー)も、現在のところは運休の予定はなし。

シーサイドエクスプレスの愛称もある山陽電鉄も同様です。

 

関連リンク

計画運休の先駆者であるJR西日本に対し、「JR東日本の失敗から学んだ」というミスリードの日本テレビ・NHK

【画像25枚】私が見た大阪における台風21号での被害記録


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です