関西初、日本で三番目の地下駅である京都の「大宮駅」に行ってきました

京阪電鉄が「京阪京都駅」として開業させ、現在は阪急京都線に乗っ取られている なっている、大宮駅に行ってきました

ここは、昭和5年の開業と昭和8年に開業した御堂筋線よりも更に古く、関西では最も最初の、日本全国でも仙台駅・浅草~上野駅に次いで3番目に歴史のある地下式ホームとなっており、非常に興味深い駅となっています。

 

ホーム階への連絡部。こちらは梅田方面で、開業当初は乗り場として機能していたようです。

昭和5年の開業ゆえ、エレベータ・エスカレータがつけれず、車椅子の方は専用リフトで移動するようになっています。

1番ホーム。河原町延伸前は下車ホームとして機能していました

戦前建築らしい、印象的なリベット留め。

駅構内ホーム。ややほっそりとした柱ですね。現在は蛍光灯ですが、戦前は電灯だったようです。

当初ホームの有効長は7両分だったのを、1986年に10両対応工事を行い延長しました。その部分だけが新しいホーム柱になっているのがわかります

この水洗い場は開業当初からのものなのでしょうか…?水道周りはあまり容易にいじれなさそうですが…?

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です