【JR西日本】全面開業に向けて試運転中のおおさか東線を見てきました

2019年3月16日に放出~新大阪間が開業して全面開業となる「おおさか東線」は、現在試運転の真っ最中です。

開業まで残り1ヶ月となった今のおおさか東線を見てきました。

 

鴫野

おおさか東線が開業する鴫野駅。改札前には「家鴫野でよかった♡」「3 16のバルーン」など、早くも開業歓迎ムード。

駅ホームはすっかり綺麗になっていました。確か線路を移設したはずなので、こちらは新駅部分になるでしょうか

発車標のうち、おおさか東線部分は「調整中」となっています

開通後はおそらく「2・3」番線の案内となる部分。既にシールで隠されています。

ホームに上ってみましょう

駅ホーム内のおおさか東線ホーム予定となる部分。実に大きなカーブ駅です。

既におおさか東線の駅名標がはめこまれていました。 次の駅は「JR野江」となっています。

207系の更新車が走っていきました

鴫野はもともと学研都市線が通っていた駅ですが、同線の列車本数は15分に1本とちょっとしたローカル線並み。おおさか東線の開業で放出-鴫野間の本数は2倍になります。

かつて学研都市線だった線路は、今ではおおさか東線の線路になりました。後ろに見える光景も変わりましたね

鴫野駅ではLED職人による201系のドット絵が…!めちゃかわいいです。

 


放出

放出にやってきました。こちらはおおさか東線が既に開業していますが、この駅までの運用。思えば、放出行きも、まもなく無くなる存在ですね。

201系は「試運転」を掲げて入線。

営業列車として到着した後、そのままの延長で新大阪まで試運転を繰り返しているようです。そして折返し、おおさか東線のダイヤにまた戻る…というスタイル。

ちなみにデータイムのみのようで、夕ラッシュの始まる16時頃には放出折返しになっていました。

余談ですが、この日は八尾市制70周年記念のヘッドマークをつけた列車も運用に入っていました。

 

開業までに撮りたいもの

おおさか東線全面開業となる3月15日までに撮るべきものは

・放出行き
・試運転列車
・直通快速の尼崎行き

でしょうか


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です