【駅弁紹介】赤いカニの容器が可愛い、福井の「越前かにめし」が予想以上においしかった話

越前かにめし

福井県の番匠(ばんじょう)が販売する「越前のかにめし」を先日新大阪駅で買ってきました。価格は2019年2月現在で1,250円。

越前かにめし 容器

袋を開けると中からかわいい赤いカニの容器が登場。

越前かにめし

容器は小ぶりな感じですが、中は結構みっちり詰まっています。

越前かにめし 中身

上にはカニのほぐし身がこれでもかとかけられており、その下に炊き込みご飯を詰めています。カニと炊き込みご飯がとても良い相性でした。

炊き込みご飯という意味では明石の「ひっぱりだこ飯」と似ていますが、こちらはカニ以外の余計なものがなく、一面カニで埋められていて見栄えも豪華、かつ容器も陶器でないので処分も容易なのが◎です。

食べた後は洗ってお弁当箱に使っている…という声もありました。

 

なお、わざわざ福井まで行かなくとも、新大阪駅にある「駅弁にぎわい 旅弁当」で購入することが出来ます。皆さんも新大阪駅に立ち寄られた際にはぜひ。

 

 

駅弁女子―日本全国旅して食べて
なかだ えり
淡交社
売り上げランキング: 347,847

 

公式サイト

番匠本店
http://www.banjyo.jp/kanimeshi/lineup.php

 

個人的駅弁ランキング

1位…仙台 利久 牛タン弁当
2位…富山 源 ますのすし
3位…福井 番匠 越前かにめし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です