【超優遇】ぷらっとこだま、今日から前日17時までのネット申込が可能に! #ヤッパシンカンセンダッタンジャナイスカネー

【超優遇】ぷらっとこだま、今日から前日17時までのネット申込が可能に! #ヤッパシンカンセンダッタンジャナイスカネー

新大阪⇔東京の格安移動手段として定番のJR東海ツアーズ「ぷらっとこだま」ですが、本日2020年6月30日以降の申し込み分(=7月1日以降に出発する切符)については、ネット申込で前日17時まで申込みが出来るようになりました!

 

これまではネット申込の場合、乗車する5日前の23時30分までに切符を購入する必要がありました。

店舗購入の場合だと前日まで可能だったものの、旅行会社店舗まで行かなければいけないという手間があり、「安価な代わりに取り回しが悪い」といった趣の切符でした。

 

【これまで】
・ネット購入だと5日前までの購入が必要→郵送で発送
・電話購入だと2日前までの購入が必要→郵送で発送
・JTBやJR東海ツアーズの店舗だと前日までの購入が必要→その場で受取

 

【今回】
・ネット購入だと前日17時までの購入へ変更→券売機で受取
・電話購入だと2日前までの購入が必要→郵送で発送(変更なし)
・JTBやJR東海ツアーズの店舗だと前日までの購入が必要→その場で受取(変更なし)

 

今回で、安価で取り回しの良い優良切符へと更に進化したことになります!

 

 

「ぷらっとこだま」の簡単な説明

ぷらっとこだま」とは

東海道新幹線(新大阪~東京)の各駅停車「こだま号」の便数限定ながら、東京まで10,700円、名古屋まで4,500円で乗車できる旅行商品です。+1,500円でグリーン車への乗車も可能です。

東京までは片道4,000円、往復8,000円近い割引が適用される代わりに、所要時間が4時間かかります。

また、JR線の遅延以外の理由で遅れ、乗車できなかった場合は変わりの列車にも乗車できないというリスクも付きまといます。

 

各駅停車タイプの「こだま号」専用となるので、道中では駅に止まる度に最速タイプの「のぞみ号」に抜かれる事が多々。

それでも、車両は「のぞみ号」と同じ電車であるN700系で運転されるので、電源や無線LANの設備もばっちり。

高速バスと比較しても段違いに早く、それでいて(時間はかかるものの)通常の新幹線よりも往復8,000円お得になる素晴らしい切符となっています。

 

公式サイト

JR東海ツアーズ「ぷらっとこだま」
https://www.jrtours.co.jp/kodama

JR東海ツアーズ「ぷらっとこだま(ネット予約) サービス変更のお知らせ 」
https://www.jrtours.co.jp/pdf/20200610_kep_info.pdf



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

6日(月)
7日(火)
8日(水)
9日(木)
10日(金)
11日(土)
12日(日)

JR東海カテゴリの最新記事