「ブロック」は、合わない人同士をお互いに避けて幸せになれるシステム

Twitterのブロック機能って実に画期的な機能で、ブロックすると、以後ブロックした相手のことは一切タイムラインに流れてこなくなり、またフォロー・リプライなども一切受け付けなくなります。

 

「ブロックは逃げ」だの「ブロックは煽り」だの、論理破綻した言説を振りかざし、何かとブロックする側に難癖つける人が多いように思えますが、

 

そもそも、大抵はブロックされるような事をしている側に原因がある

のですから、そういう批判そのものが間違っています。

 

 

Twitterでも書きましたが、合わなかったらさくっとブロックしていいじゃないですか。笑

私自身、「自動ツイートが鬱陶しい」と直接DMで言われた事もありますが、「じゃあ命令されている訳でもないのに何でフォローしてんの?」ってなりますよね。

 

お互いが「ああ合わない人なんだな」と思ってブロックするのは、お互いがそれぞれの方向で幸せになるためでもあり良いことなんですよ。

 

 

幸福・怒りの感情は他人に連鎖する

こんなおもしろい話があったのでご紹介します。

ハーバード大学の教授であるニコラス・クリスタキスさんは、12万人以上のデータを分析した結果、次のような結論に至ったのだそうです。

クリスタキス氏は、「この図からわかることは2つある」という。

1.ネットワーク内では不幸な人は不幸な人同士で、幸福な人は幸福な人同士で群れをつくっている。
2.第二に、不幸な人はネットワークの周縁に位置するようだ。つまり、社会関係の連鎖の末端、ネットワークの外れに存在する傾向が高い。

クリスタキス氏はこのネットワークの時間的、空間的分析から、「友人・知人の幸福が、別の人の幸福に影響を与える」と指摘する(中略)

 

クリスタキス氏は「付き合う人を選べ」という。

そのキーとなる要因は「感情の伝播」である。

友人の感情の状態までを考慮に入れると、より多くの友人をもつだけでは十分ではないことがわかる。より幸福な友人を持つことが、私たち自身の感情を健やかに保つカギなのである

ここまで来ると、「不愉快な人はすぐにブロック」の理由がわかる。

一つ目の理由は、「人を貶めたり、過激な発言をしている人」が、目の届く範囲にいると、自分もその人の「感情」の影響を強く受けてしまい、人を攻撃しかねない、ということ。

二つ目の理由は、自分が怒ったり不幸になったりすると、大切な自分の友人までその被害をうけること。

自分だけが争いに巻き込まれるならともかく、自分の大切な友人や知人を負の感情に晒して良い、という人は少ないだろう(中略)

精神を健やかに保ち、健全な人間関係を育むには、「ネガティブな感情を持つ人々」からとにかく距離を置くこと。そして、「幸福な友人」をたくさん持つこと。これに尽きるのである。

出典:「「不愉快な人はすぐにブロック」は、ネットワーク科学の見地からすれば合理的。」
https://blog.tinect.jp/?p=50304

 

これが、「ブロックをすぐにするべき」という理由ですね。

ブロックすることを我慢していると、あなたのフォロワーさんにいるであろう、大事な有人・知人にまで悪影響を及ぼしかねないのです。

 

多様な考え方

インターネットには本当に様々な考えを持つ人がいます。例えば、私がこれまで言われた中でいうと以下のものがあります。

・浅い考えでものを書いている

・上から目線で調子に乗ってる

・広告が邪魔。お金儲けしたい感じが嫌い

…上2つは被害妄想では?と疑りたくなるような内容ですが、いるんですよね〜…。悪意を内面に秘めながら揚げ足を取り、結局その理由は「気に入らない」に帰結する人。まぁサクっとブロックですね

上2つとは異なり、最後の「お金儲けが嫌い」という考えは確かに一定数いらっしゃいます。まぁ、私はその考えは受け入れられませんがね。

所謂「清貧」みたいな考え方なのでしょうが、私はお金をもっともっと趣味界隈で回して、鉄道趣味のレベルを引き上げたいと考えています。面白いものをもっと面白くする為に、お金を流すのはとても大事な事なんです。

 

私は

・引用RTでこちらに見えるように罵言を吐く人

・実績もないのに説教じみたことを言ってくる人

 

などなど、価値観が合わないなと思った瞬間、すぐにブロックをかけます。

有益ならともかく、匿名が基本のインターネットでは建設的な議論が出来ることはほぼないので、不毛な争いはしないに限ります。

 

ということで、皆さんもバンバンブロックしていきましょう!

特に一部の政治アカウントの人達に絡まれた時に非常に有効ですよ笑

 

参考ツイート

https://twitter.com/HS_8242f/status/830979939105058816

ABOUTこの記事をかいた人

大阪メトロのファンサイト「Osaka-Subway.com」や「鉄道ファンのクレジットカードのりば」などを運営。この「いまどきの鉄道サイトの作り方」は、私207の個人ブログとして開設・運営しています。