【記録写真】4月から解体が始まった、住吉市民病院を見てきました

【記録写真】4月から解体が始まった、住吉市民病院を見てきました

何かと政争の具にされた「住吉市民病院」ですが、2020年4月下旬から解体が始まっています。

1950年に建設されて以来、この地域の公的医療機関として役目を果たしてきましたが、2018年3月をもって閉院しました。

尚、「住吉」とつくものの所在地は住之江区ですが、これはこの地が1974年まで「住吉区」であったことに由来します。(写真は2020年5月のものです)

 

解体中の景色

北側全景。後ろ側には阪神高速15号堺線が通っています。ギリギリ建物がまだ残っていました。

解体中風景。ツイッターで感想を読んでいると、「住吉市民病院で生まれただけに寂しい」というツイートが多く見受けられ、多くの方が名残惜しいと言われていたのが印象的でした。

 

全景。フェンスに覆われているようです。

 

現在は「住之江診療所」として稼働中。小児科と産婦人科のみが稼働しています。

病院前にあったバス停は「東加賀屋1丁目」に改名されています。元々は「住吉市民病院前」バス停でした。

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

6日(月)
7日(火)
8日(水)
9日(木)
10日(金)
11日(土)
12日(日)

建設記録カテゴリの最新記事