【鉄道ファンの夢】”添い寝サンライズ”がどれぐらいかかるのかまじめに考えてみた

Twitterを見ていると「女の子とサンライズエクスプレスで添い寝したい」というワードが流れてきたので、今日はこれを実現させる為にはどれほどのお金がかかり、またどの部屋がいいのか?というのをちょっと真面目に考えてみました。

 

前提条件

今回の条件は「2人で添い寝」ですから、一つのベッドを使う事を条件とします。ですので、まずはこの条件に当てはまるサンライズエクスプレスの部屋を割り出します。

 

どの部屋がいいか

出典:https://www.jr-odekake.net/train/sunriseseto_izumo/accommo.html

今回の条件に「一番マッチするかな」と思ったのは、ベッドの幅が広いA寝台シングルデラックス

…なのですが、どうもJRの規則で「1人用の部屋に2人の大人は使用出来ない」ことになっているそうなので、残念ながら除外しました。

 

 

出典:https://www.jr-odekake.net/train/sunriseseto_izumo/accommo.html

 

となると、実質2名用1部屋はこのB寝台2人用の「サンライズツイン」という部屋しかなくなります。

こちらもシングルベッド(70cm〜足元55cm)が2つ並んでいるので、あくまで添い寝するには不向きそうですが、ここしかありませんので仕方ないですね

 

料金

大阪から東京まで乗車すると仮定した場合、まず購入する1人あたりの切符は次の通り。

サンライズエクスプレス「B寝台2名用 サンライズツイン」

運賃(大阪〜東京):8,750円x2
特急料金:2,910円x2
寝台料金:15,120円(2名分料金)
合計:38,440円

 

鉄道ファンの夢を実現するには、38,440円のお金と6時間半、そして伴侶が必要になる結構ハードルの高いものです。皆さん、是非実現させてください…!

そして感想を教えてください…!

 

関連リンク

添い寝サンライズへの道!?それとも添い寝シベリア鉄道?


2 件のコメント