【37年ぶり】東信貴ケーブルが信貴山下駅で公開へ!232万円の寄付金を集める

【37年ぶり】東信貴ケーブルが信貴山下駅で公開へ!232万円の寄付金を集める

皆さんは「東信貴ケーブル」をご存知でしょうか。

かくいう私も知らなかったのですが、1922年に全国で3番目のケーブルカーとして開業した由緒正しき路線です。

1983年に廃止され、長らく三郷北小学校で屋根付きで保存されていたのですが、この度地元の三郷町が、「ふるさと納税+クラウドファンディング制度を活用して信貴山下駅へ里帰りさせる…」というプロジェクトを立ち上げました。

クラウドファンディングサイトで57万8000円、その他制度で174万4000円を集め、合計で232万2000円もの寄付金が集まり無事成立。

3月14日23時から移設作業が始まり、翌2時には無事完了。28日の公開へ向けて最終調整を行っています。

 

奈良県三郷町の近鉄信貴山下駅を出ると、信貴山に向かって一直線に伸びる長い坂があります。これは、かつて信貴山まで参拝客を運んでいたケーブルカーの跡地です。そのケーブルカーも1983年(昭和58年)に60年の現役に幕を閉じ、現在は三郷北小学校に保管されていますが、ほとんど日の目を見ることなく、町民でさえケーブルカーの存在を知らない人が増えています。この状況に、当時ケーブルカーを生活の一部として利用していた人たちが集まり、当時の車両を復元し、かつての駅舎であった信貴山下駅に飾りたいとの声があがり、今回の移転プロジェクトが立ち上がりました。
本プロジェクトでは、三郷町の発展の象徴であるケーブルカーを末永く保存し、町内の方だけでなく、当地を訪れた多くの方に知っていただき、「愛される遺産」にしたいと思っています。

出典:さとふる「奈良県三郷町 町民に愛され、惜しまれながらも廃線となったケーブルカーに再び光を!

 

 

37年ぶりの「おかえり」

場所は近鉄生駒線の信貴山下駅。王寺・生駒から出ている支線です。

その信貴山下駅前へ、37年ぶりに東信貴ケーブルが帰ってきました!現在はまだブルーシートで覆われています。

今回場所を変えて保存・展示されることになったコ9形は、1933年に製造されたレトロなデザイン。

世代的には、大阪市交通局の100形と同世代になります。たしかにどことなく面影があるというか…

 

公開日予定は3月28日です。楽しみですね。

 

 

【ケーブルカーが信貴山下駅に帰ってきました】1983年に廃線となってから約37年。かつての駅舎であった信貴山下駅前にケーブルカーが帰ってきました‼️移設作業は3月14日の午前9時から始まり、まずは三郷北小学校からの搬出準備が整いまし...

三郷町さんの投稿 2020年3月17日火曜日

 

 

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

31日(金)
1日(土)
2日(日)

近畿日本鉄道カテゴリの最新記事