【阪堺】恵美須町駅、新ホームに屋根の取り付けが始まる…

度々お伝えしている阪堺恵美須町駅の工事状況。

公式からは何もリリースがなく、親会社である南海電鉄の中期経営計画において「恵美須町駅の活用」とだけ書かれているので詳細なことはわかっていませんが、おそらくは駅を南側へ移設するものと思われます。

前回11月26日にはホーム基礎部分の工事が行われている…とお伝えしましたが、1週間が経過した12月4日に見に行くと、なんともう屋根部分の鉄骨工事が始まっていました。驚異的なスピードです。

 

鉄骨が出来てホームらしく

駅部分。ホーム部には鉄骨工事がなされ、南側には木造の小屋?のようなスペースが設置されていました。何に使うのでしょうか

駅北側より。おそらくホーム部への連絡口となる通路らしき部分になります。

 

現恵美須町駅から南側を望む。鉄骨があると一気にホームっぽくなりますね。レールの解体も進んでいます。

2両編成程度が止まれる感じでしょうか…?

前回取材時(11月)の様子。これだけだと何かわかりませんでしたが、今回の写真で駅であると確信しました。

同じ位置から10月時点の写真。

現在の恵美須町駅は1911年の開業以来長らくこの地で親しまれてきましたが、南側に移設するとなると大きくスペースが浮くことになりそうですね。

阪堺、及び南海はこのスペースを用いて不動産の開発でも行うつもりなのでしょうか…

 


今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

12日(木)  なし
13日(金)
14日(土)
15日(日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪メトロのファンサイト「Osaka-Subway.com」や「鉄道ファンのクレジットカードのりば」などを運営。この「いまどきの鉄道サイトの作り方」は、私207の個人ブログとして開設・運営しています。