【阪堺】恵美須町駅が移転?新築ホームの基礎らしきものが現れる

24分間隔での運行になった、阪堺の恵美須町駅。先日2番線ホームの使用を取りやめていることはお伝えしましたね。

この際に線路が剥がされていることは記事に書いたとおりですが、なんと剥がした線路部分に新たなホームの基礎らしきものが建設されています。

阪堺の親会社である南海電鉄は、中期経営計画において「恵美須町駅の活用」を挙げており、今回の移転はそれに関連したものとなるのでしょうか。

 


駅っぽい構造物…

それがこちら。白いアスファルトのような建築が見えます。高さ的にもホームといった佇まい。

同じ位置から10月時点の写真。

隣接地には、先月時点では建設中であった木造の建物が完成していました。あれが駅だとするとこの建物は乗務員詰め所といったところでしょうか。

 

恵美須町駅は、1911年の開業以来、長らく阪堺電車では最も北にあるターミナル駅として機能してきました。1969年には堺筋線が開業して乗換駅として機能するようになりました。

しかしながら、2013年時点での乗降客数は1日あたり988人とかなり低迷。今年のダイヤ改正で24分間隔へと減らされたばかりでした。

1996年時点では8分間隔が維持されており、ラッシュ時には3~4分間隔にまでなりホームも2線必要なレベルでしたが……

 

立地としてはインバウンドに沸く難波・日本橋エリアの南端部分にあたる好立地なので、この駅部分に何か建てる算段なのかもしれませんね。

駅建設による路線短縮があるとすれば運賃に変更があるものと思われますが、そちらにも注目です。


今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

12日(木)  なし
13日(金)
14日(土)
15日(日)

1 個のコメント

  • こんばんは、アナログ調査人です。前回コメント後、時間がある時に何度か現地で確認していましたが、やはり停留所移転みたいですね。今の恵美須町~我孫子道系統の惨状を見る限り、間違っても4分間隔未満の運転をする事も無さそうですし、縦列停車対応の1線だけでも十分対応出来ます。

    ただ、片面ホームだと阪堺の扉開閉装置のシステム上は発車時の再開閉は出来ないので(進行方向右側の扉操作は閉しか出来ないため)、今の浜寺駅前停留所と同様に注意喚起しておく必要はありますね。勿論、謎の建物側にもホームを建設するなら問題は無いですが…。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    大阪メトロのファンサイト「Osaka-Subway.com」や「鉄道ファンのクレジットカードのりば」などを運営。この「いまどきの鉄道サイトの作り方」は、私207の個人ブログとして開設・運営しています。