【コラム】Bトレの新作が出なくなって1年になるらしい

ちょっと驚きだったんですが、「Bトレインショーティーの新作が出なくなって1年になる」というツイートが流れてきました。

確かに公式サイトを見てみると、最新の販売情報が「小田急70000形GSE」で止まっています。

バンダイは、もうBトレインショーティーを発売・製作する意思がないのでしょうか…

 


 

安価な鉄道模型として一世風靡したBトレ

Bトレインショーティー(Bトレ)は、Nゲージ鉄道模型の規格ながら、長さを半分に短縮(ショーティー化)したのが特徴的な鉄道模型です。

一箱400円程度ながら、実際のKATO製 鉄道模型走行ユニットを装着してNゲージ線路を走らせることが可能なこともあり、安価な鉄道模型への入門キットとして一世を風靡した鉄道グッズでもあります。

ポジション的にはプラレールと鉄道模型の中間的立ち位置を目指したそうで、2002年に最初のモデルが発売、以後16年間に渡って新作が出され続けてきました。

 

当初のターゲットは、鉄道の「おもちゃ」は卒業したものの、本格的な鉄道模型であるNゲージを始めるにはまだ早いという年齢層。「プラレール」とNゲージの隙間を狙ったといえる。実物そのままではなく車体を短縮した「ショーティー」としたのは、当時がいわゆる「食玩」のブームだったこともあり、手頃なサイズでコレクション性の高い商品というコンセプトがあったためだ。

出典:「バンダイの「Bトレ」は、なぜ売れ続けるのか」- 東洋経済オンライン
https://toyokeizai.net/articles/-/68385

 

大阪メトロも(大阪市交通局時代)、新20系シリーズや70系、今里筋線の誕生時には記念の80系も発売されるなど、数々の製品が発売されてきました。

 

鉄コレが台頭?

ところが、近年は長さも鉄道模型そのままで組立不要、かつ価格も抑えられているトミーテック社の「鉄道コレクション」が台頭。

鉄道事業者用限定製品もこちらに移行し、大阪メトロも30000系が発売、北大阪急行も先日8000形を発売してプレミアが付くなどしています。

この手の需要としてはこちらに移行してしまい、「なぜ売れ続けるのか」と4年前に書かれたBトレインショーティーは、今や風前の灯となってしまっているのでしょうか。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です