計画運休の先駆者であるJR西日本に対し、「JR東日本の失敗から学んだ」というミスリードの日本テレビ・NHK

質の低い民放の「スッキリ」はともかく、NHKニュースまで誤った報道をしているようですが、2010年代に入ってからの計画運休の先駆者はJR西日本です。

 

2014年10月に安全を優先したJR西日本が台風19号での被害を未然に防ぐため、計画運休を実施しました。結局この時はやや空振りに終わったんですが、その後に来た台風では絶大な威力を発揮し、混乱を最小限に抑えています。

学んだとすれば「JR東日本がJR西日本に対して」ですね。これはミスリードです。

報道の権限を全て東京に集めた弊害ですね。

違うことは違うとちくちく言い続け、記録し続けないとなかなかこういうミスリードは治らないと考えているので、偏向報道の記録としてここにメモしておきます。


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    大阪メトロのファンサイト「Osaka-Subway.com」や「鉄道ファンのクレジットカードのりば」などを運営。この「いまどきの鉄道サイトの作り方」は、私207の個人ブログとして開設・運営しています。