京阪御堂筋ビル・日土地淀屋橋ビルの合弁再開発計画「淀屋橋駅東地区都市再生事業」のイメージ図が公開。150mの高層ビルへ!

出典:https://www.keihan-holdings.co.jp/news/upload/2019-07-23_yodoyabashi.pdf

 

京阪電車の淀屋橋駅に隣接する「日土地淀屋橋ビル」と、そのすぐ南側に位置する「京阪御堂筋ビル」が共同で再開発事業を行い、より大きな150mのビルへと変貌することになりました。

大阪万博が開催される2025年竣工予定となっています。

日本土地建物株式会社(千代田区霞が関一丁目 代表取締役社長 平松哲郎)と京
阪ホールディングス株式会社(大阪市中央区大手前一丁目 代表取締役社長 石丸
昌宏)がかねてより検討を進めてまいりました淀屋橋駅東地区都市再生事業(以下「本
計画」)に係る都市計画案が、本日、大阪市の都市計画審議会におきまして、都市再
生特別措置法に定める都市再生特別地区として審議・可決されましたので、お知らせ
いたします。

出典:https://www.keihan-holdings.co.jp/news/upload/2019-07-23_yodoyabashi.pdf

 

ビルのスペック概要

出典:https://www.keihan-holdings.co.jp/news/upload/2019-07-23_yodoyabashi.pdf

住所:大阪市中央区北浜3丁目1-1
鉄道:Osaka Metro 御堂筋線/京阪 淀屋橋駅直結
敷地面積:約3,940㎡(約1,191坪)
構造:地下4階・地上28階建て
高さ:約150m
用途:事務所・店舗
延床面積:約73,600㎡(約22.264坪)

 

現在の様子・位置関係

ビルの位置関係。名称で誤解されがちですが、京阪淀屋橋駅(土佐堀通)に面する方が「日土地淀屋橋ビル(1961年竣工)」、御堂筋に面する方が「京阪御堂筋ビル(1985年竣工)」です。

今回合弁での再開発に至ったのは、

・京阪ホールディングス側が長期経営計画における不動産業の割合を増やすことを目標にしていること
・国の再開発指定地域(「大阪駅周辺・中之島・御堂筋周辺地域都市再生緊急整備地域」)に指定されていること
・従来あった大阪市の景観条例(100mまで)が緩和されたこと
・日土地淀屋橋ビルの経年

などが背景にありそうです


 

 

土佐堀通を面して向かい側から。

低層部分は4層吹き抜けの広場(淀屋橋広場)として整備されることになっており、商業施設を誘致するとのことです。

尚、日土地淀屋橋ビル側には現在みずほ銀行が入居していますが、これらも引き継がれるのでしょうか

 

この他、右側「グランドセイコー」の文字が見えるビルについても再開発が計画されており、淀屋橋駅付近はツインタワーを擁した壮観な風景へと変貌しそうです。

一方で、今回は京阪・日本土地の2社のみで比較的スムーズでしたが、右(東)側については大和ハウス・ミズノ・白洋舎・住友生命・住友商事・関電不動産など11の事業者が保有するビルなだけに、調整が難航する可能性もあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪メトロのファンサイト「Osaka-Subway.com」や「鉄道ファンのクレジットカードのりば」などを運営。この「いまどきの鉄道サイトの作り方」は、私207の個人ブログとして開設・運営しています。