御堂筋に残る、オリジナル旧街灯を見てきました

御堂筋の道頓堀付近には、オリジナル旧街灯が姿を留めています。

一見戦前の大大阪時代(昭和8年~12年頃)に設置されたものかと思われがちですが、同じものが保管されている南御堂の説明には「昭和25年~26年に220基の街灯が復旧した…」と説明書きがあることから、これについてもおそらく同時代のものと思われます。

 

出典:大阪市政五十年の歩み 自治制發布五十周年記念

 

1938年(昭和13年)に発行された書籍には、これと似ている街灯が掲載されていて、一瞬「これかな?」とも思ったのですが、微妙にデザインが異なるようでした


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪メトロのファンサイト「Osaka-Subway.com」や「鉄道ファンのクレジットカードのりば」などを運営。この「いまどきの鉄道サイトの作り方」は、私207の個人ブログとして開設・運営しています。