【名古屋市営地下鉄】名城線の発車標を液晶式へ…多言語表記を目的

名古屋市交通局は以前からパブリックコメントを募集して計画を練っていた「名古屋市営交通事業経営計画2023」を発表しました。

これは2023年まで5年間の地下鉄・バスの運営計画で、それぞれにどのような投資をするのか、収支計画はどうするのかをWeb上で市民や利用者に発表するものです。

 

出典:名古屋市交通局「名古屋市営交通事業経営計画2023(概要版)

この中で、名城線・名港線の駅における発車標(旅客案内表示機)の更新が挙げられており、名古屋市営地下鉄では初となる液晶式の発車標を取り付けるとしています。

画像が小さくて申し訳ないのですが、左奥にあるのが現在の名城線発車標です。名古屋市交通局としては標準スタイルである縦二段式のLEDタイプとなっています。

 

また、この他も「地下鉄駅のリニューアル」「駅構内トイレのリニューアル」「バスターミナルの環境改善」「わかりやすい案内サインの整備」「N3000形への車両更新」「地下鉄一日乗車券の24時間券化」などを経営計画に反映させることを挙げています。

 

 

参考資料

名古屋市営交通事業経営計画2023

名古屋市交通局「名古屋市営交通事業経営計画2023(概要版)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪メトロのファンサイト「Osaka-Subway.com」や「鉄道ファンのクレジットカードのりば」などを運営。この「いまどきの鉄道サイトの作り方」は、私207の個人ブログとして開設・運営しています。