【速報】名古屋鉄道、新型通勤車「9500系」の導入を発表

出典:名古屋鉄道「2019 年度 名古屋鉄道 設備投資計画

2019年3月25日、名古屋鉄道は新型通勤車「9500系」の投入を発表しました。

これは同日発表された「2019年度 名古屋鉄道 設備投資計画」の一貫によるもので、知立駅の高架化工事などとあわせて投資計画案に組み込んだ形となっています。

名古屋鉄道は25日、2019年度の設備投資計画を発表した。

設備投資計画において同社は、新型通勤車両「9500系」を導入すると発表した。9500系は、名鉄初の車内防犯カメラ、多言語対応車内案内表示器、無料Wi-Fiサービスを搭載した通勤車両。2019年度は4両編成4本の計16両を導入する。このほかサービス面においては、特別車両券(ミューチケット)のインターネット予約サービスの導入、特急車両2200系などの車内案内表示器の多言語化・駅ナンバリング表示導入などを進める。

出典:鉄道コム「名鉄が2019年度の設備投資計画を発表、新型9500系の導入など」
https://www.tetsudo.com/news/2066/

 

今回の9500系は、16両(4両×4編成)新造・投入するとの事です。

出典:名古屋鉄道「2019 年度 名古屋鉄道 設備投資計画

車内の様子。名鉄初となる車内防犯カメラ、多言語に対応した車内案内表示器(LCD?)、および無料 Wi-Fi サービス「MEITETSU FREE Wi-Fi」を搭載するとのことです。

外観形状は、2004年から投入されている3300系のマイナーチェンジ版といった趣きですね。名鉄車両で9000番台が使用されるのは初めてではないでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪メトロのファンサイト「Osaka-Subway.com」や「鉄道ファンのクレジットカードのりば」などを運営。この「いまどきの鉄道サイトの作り方」は、私207の個人ブログとして開設・運営しています。