「大阪は虐待通告ワースト1」の報道に批判続出。→隠蔽せずきちんと通報していて評価すべきでは?

大阪府警から児童相談所(森ノ宮にあります)へ子供の虐待通告があった数が過去最高の9305人…という記事がありました。

多分産経新聞側もこれまでの慣例に伴ってこういう書き方をしているのだと思いますが、こういうケースの場合、「ワースト1」という書き方は不適切です。

通報を受けた児童相談所および大阪府警が、それを隠さずにしっかりと対応している点については評価すべき点だと考えます。

こういう「数」だけで見た報道がまかり通ってしまうと、役所側が統計上の数字を減らすために事件の隠蔽を始めます。

 

…と思っていたんですが、産経新聞の記事のリプライに連なる意見を見て少しだけ安心しました

このように、「それは違うだろ」という批判が続出。

 

こういうのは長らくマスメディア側の言ったもの勝ちでしたが、インターネットのおかげで批判意見を他人と共有出来、マスメディア側も軌道修正をせざるを得なくなってくる。

インターネットのおかげで、良い社会に変化しようとしている」というのをひしひしと感じるニュースでした。

 

まぁ私は、産経新聞の報道姿勢に関してはある程度信頼をおいているので、今回の件は単純に「思慮不足・配慮不足」だったのかなぁと思っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪メトロのファンサイト「Osaka-Subway.com」や「鉄道ファンのクレジットカードのりば」などを運営。この「いまどきの鉄道サイトの作り方」は、私207の個人ブログとして開設・運営しています。