Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

並行在来線は特急を走らせるほど国からの補助金が減る?

   

 

また、Yahoo!知恵袋によると

 

(1) 乗り入れによる車両使用料の問題。JRの特急が三セクへ乗り入れた場合、三セクが車両使用料を支払いますが、それが三セクの経営を圧迫します。サンダーバード・しらさぎの金沢~富山なんてもともと客が少なく空いていましたが、新幹線への転移でさらに客が減り運賃・料金収入で車両使用料を支払うと赤字になる。
(2) 整備新幹線スキームによるJR負担分の問題。JRは整備新幹線建設費の一部を収益の範囲内で支払う義務があり、在来線特急を三セクへ直通させて新幹線収入を減らせない。在来特急を残して建設費償還をしないと批判の的になる。
(3) 要員の問題。新幹線開業に伴い、在来線特急の運転士や車掌の一部は新幹線乗務になりますが、在来線特急を存置するには増員が必要。
(4) 車両の問題。在来線用特急車両は新幹線開業で他路線の老朽車置き換えに使用されます(しらさぎにはくたか用車両投入→くろしお・こうのとり・きのさきの381系置き換え)
在来線特急を存置すれば、老朽車置き換えに車両を新製する必要があり、費用がかかります。
(5) 三セクを経営する県の意思。整備新幹線を誘致した以上、新幹線は成功する必要があり、三セクの経営に携わる県としては在来線特急を残して整備新幹線の足を引っ張ることができない。
(6) 運賃・料金の問題。三セクとJR線で運賃が分断されるので在来特急でも値上げになる。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10149286325

など、補助金の他にも多数の問題があるようです

 - 鉄道と政治