【JR西日本】國鐵廣島→227系化したものの、減車&広島カープ好調で大混雑…積み残しも

広島地区では新型車両227系の投入が続き、「國鐵廣島」と揶揄された時代からようやく脱そうとしていますが、その一方で弊害も出てきているようです

JR山陽線の3両編成の電車が混み過ぎる。車両を増やせないのか」。広島市佐伯区の会社員女性(44)が無料通信アプリLINE(ライン)で編集局に声を寄せた。3両で走るのは新型の「227系」。JR西日本広島支社によると、新型を3両にした背景には、ある「見込み違い」があったという

広島支社運輸課の辻敏哉担当課長は「13年夏に広島への新型車投入を決めた当時は乗客数が現状維持で推移するとみて、山陽線も時間帯によっては3両で大丈夫と考えた」と説明する。

だがその後、乗客が増える誤算が起きた。インバウンド(訪日外国人客)が伸び、広島東洋カープの好調を受け観戦客のJR利用が増加。15年3月開業の新白島駅も1日の乗車人数が15年度7900人、16年度9698人、17年度1万1044人と年々増え、混雑に拍車を掛けた。

宮島帰りの観光客と下校の高校生が乗り合わせる夕方の電車では、3両だと乗り切れない人も見掛ける。高校1年女子(16)は「カープの試合がある日はあまりの混雑で2本見送ったこともある。車内で『痛い』『押すな』などと怒声が聞こえることもあり、怖い」とこぼす(中略)

編集局に届いた中には「JRに訴えても無反応だ」との意見もあった。ただ広島支社によると、駅員などに寄せられた声は支社や大阪の本社に伝えており、広島都市圏の混雑に関する苦情は幹部も認識しているという

出典:『3両電車、混み過ぎる 山陽線、カープ人気や外国人観光客増加』、中国新聞α、2019年3月16日
https://www.chugoku-np.co.jp/column/article/article.php?comment_id=513367&comment_sub_id=0&category_id=1060

 

同様のことは同じく521系を導入している北陸方面でも聞きますが、今回のように地域のローカル新聞で取り上げられたのは初めてでしょうか。

 

JRとしては、車両の投入は30~40年スパンを見据えた投資になるため、将来的に人口減少を見据えて減車して投入するのは理解できます。

しかし現状こういった現実があり、折しもインバウンド観光ビジネスが隆盛で今後も伸びていきそうな今、何も対策を取らずに乗客をぎゅうぎゅうにしてしまうと批判されても仕方ない節もあるのではないでしょうか。

 

227系投入後、2016年から広島東洋カープは3年連続リーグチャンピオンに輝いており、記事中ではカープの活躍も混雑の理由に挙げています。

3月のダイヤ改正も終わり、なんらの動きを見せるとすればもう来年まで動かせないと思われますが、果たして今回のこの報道を受けてもJR西日本は動かないでしょうか…?

4 件のコメント

  • まぁ、金沢や福井のそれとは格が違いますね。あちらはせいぜい座れない程度で、立ってもドア付近がいっぱいになるくらいですが、こちらは座れないのは当たり前で、通路まで人がびっしりで乗り切れないって感じです。広島は4両の時から混雑をしてましたし、野球や外国人関係なく通常の通勤通学等の日常利用者も年々増加しています。
    ただ、これは悪ではありません。積み残しや混雑は法律違反でもありませんので、別にどれだけマスコミに叩かれようがJR西日本が動く必要は一切ありません。どれだけ利用者が増えようが、どれだけ混雑しようがその混雑を緩和する義務はありませんからね。
    混むのが嫌ならJR西日本は利用せず、広島電鉄、アストラムライン、路線バス、或いは自家用車等の他の交通機関を利用すればいいだけです。
    勿論JR西日本が車両を増やすというのならそれで構いませんが、先述の通り車両を増やす義務はありませんね。

    • そうですね。まぁ何にせよ「不満があったら声を上げる」と言うのは、悪い癖です。
      仮にこれで何かが動くということになれば、これは民主的に正当ではありませんし、
      何より悪しき前例となり、将来に禍根を残します。
      政治の話になりますが、少し前に「苦しいヤツは声あげろ」などとシュプレヒコールを上げてデモを行っていた輩がいましたが、まさに愚の骨頂と言わざるを得ません。
      >混むのが嫌ならJR西日本は利用せず、広島電鉄、アストラムライン、路線バス、或いは自家用車等の他の交通機関を利用すればいいだけです。
      正にそのとおりです。鉄道が嫌なら鉄道を使わなければいい、日本が嫌なら日本から出ていけばいいのです。
      この義務を果たさずに権利ばかり主張する輩の如何に多きことか…

      • 勿論今後広島地区の人口は横ばいか減少する見通しであり、軍事都市として栄えた呉や岩国では既に深刻な問題となっています。先行きはあまり明るくありません。
        一方で利用客が増えたのも事実。主に中心部ですが人口の集中・地域活性化・またカープの躍進等で流れは変わりつつあります。新駅もここ5年で2つ増え、先日には広島駅周辺の再開発計画が発表されたばかり。新車の投入によるサービス改善もあり、撤退戦の一辺倒ではなくなってきました。
        普通の日本人さんや一般人さんが仰る通り、JRに増車する義務はありません。いつまでもこの混雑が続くとは限りませんし、40年先を見越した車両配備が現状なのですから。交通機関は他にもあります。
        しかし、JRは公共性の高い企業であると共に民間企業でもあります。行き過ぎたコスト削減で利用客にそっぽを向かれたら会社の経営にも響くことでしょう。もし今回の問題で利用客が離れたら、積極的な投資をしてきたJRにとってかなりの痛手ですし、客が戻る可能性も低いでしょう。ですから利用客の声も重要なのです。全てを飲めとまでは言いませんが、経営上ある程度は耳を傾ける必要があると考えます。
        定期列車の増発には高いハードルがあります。需要に応じた臨時列車の運転や内装の変更等、JRが打てる施策は沢山あります。今年のダイヤ改正でも混雑する列車を中心に増車されましたから、少なくとも利用客の不満はJRに届いていると思います。
        最後に、この場での政治談義は適切ではないのでは?誰を指して「日本から出て行け」と言っているかは推測しかねますが、その話題をこの場で切り出す必要はあったのでしょうか?『「不満があったら声を上げる」と言うのは、悪い癖です。』という考えでは、お上の命令は絶対というかつての無関心主義に逆戻りです。声を上げなければ、少なくとも社会は変わりませんよ?

  • JR西が増車の義務がないのは納得。
    株主であれば、余計な投資はするなと言いたいでしょう。
    さて、「日本から出て行け」とは、ずいぶん偉そうですねw
    あまり偉くない人は偉ぶるものです。
    民主主義では、多様性のある意見は尊重するべきです。
    ただし、混雑を改善しないJRの利用が嫌であれば、
    自家用車以外にも豊富な選択肢のある広島都市圏は
    恵まれています。
    私なら、五日市からのの通勤であれば、
    広電で街なかにダイレクトにアクセスするほうを
    選びます。

    個人的には、JRはロングシート車を配備すればよかったのだと
    思います。詰め込みが効きますので、少ない車両でも混雑緩和に
    なります。終点での清掃メンテナンスも楽ですので、経営的にも○です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    大阪メトロのファンサイト「Osaka-Subway.com」や「鉄道ファンのクレジットカードのりば」などを運営。この「いまどきの鉄道サイトの作り方」は、私207の個人ブログとして開設・運営しています。