「鉄道ファン誌」も間違える?日本初の発車メロディーは新宿ではなく京阪淀屋橋駅という話(今のところ)

著名な鉄道ファン誌ですら間違えることがあるんですね……

以前からお世話になっているにょほほ電鉄さんが発信されていますが、雑誌「鉄道ファン」の2018年5月号に、

新宿駅と渋谷駅に,日本で初めて「発車メロディ」が採用されたのが,約30年前のことです

出典:https://railf.jp/japan_railfan_magazine/2018/685/685-136.html

という文が掲載されています。

しかしながらこれは誤りで、「元祖発車メロディー」は現在確認できる中だと京阪電鉄(淀屋橋駅)になります。

 

長らく使用され続けた一般用発車メロディー

1971年8月、淀屋橋駅で使われたのが最初…と”現在確認できる資料から”はそう言われているようです。(これから新たな資料が出てくるとそちらになるかもしれないので、こういう表現にしています。)

少なくとも「30年前(1989年)の新宿・渋谷」という説は誤りです。

 

淀屋橋駅に導入されたのは、現在淀駅の臨時特急発車メロディとして採用されている「フィガロの結婚」と、一般車用のメロディの2種類でした。

「フィガロの結婚」については1996年に「牛若丸」へと変更されましたが、一般車用については長らく使用され続けていました。

メロディについてはこちら。前半に「一般車用メロディ」、後半に「特急用メロディ 牛若丸」が流れます。

 

京阪電鉄の名誉のために、インターネット上にて残しておきます。

 

 

 

参考サイト・文献

レファレンス協同データベース「駅のホームで流れている特色あるメロディはいつ頃から始まったのか」

鉄道のサウンドブランディング戦略(1)」小松 正史(京都精華大学教員)

犬耳書店「駅メロディの誕生と歴史」

「駅メロ ! THE BEST」』塩塚博、扶桑社、2013年

「音鉄 -耳で楽しむ鉄道の世界-」片倉佳史、ワニブックス、2016年

「スルッとKANSAI サウンドコレクション Vol.2」


3 件のコメント

  • 恐らくなのですが、新宿駅や渋谷駅の例は発車メロディとして使うことを目的として楽曲が新規に制作されたという点で見れば全国初という表現は適当なものと思われます。
    少なくとも京阪の例は文化的な面では別としても音楽ジャンルという括りで見た場合その中に含めるのは少し微妙に思えますし、記事自体が音楽ジャンルとしての発車メロディの成り立ちを趣旨としていることもあり、この指摘は必ずしも適当であるとは言い難いように思います。

  • これは・・・。
    彼らにとって、関西は日本じゃない訳ですね。
    それを含めて謝罪と訂正を求めたい所です。

  • 彼ら東京は、日本で最初のニュータウンも、多摩ニュータウンって言っている。その9年も前に昭和天皇が千里ニュータウンが出来た時に行っているのに無視。
    ていうか、彼らには東京だけがよければ事実なんてどうでも良いらしい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    大阪メトロのファンサイト「Osaka-Subway.com」や「鉄道ファンのクレジットカードのりば」などを運営。この「いまどきの鉄道サイトの作り方」は、私207の個人ブログとして開設・運営しています。