【記録写真】書店「アセンス」が閉店する直前に写真を記録してきました

パチンコ屋の株式会社南海会館が運営していた、大阪心斎橋などに店舗を置く本屋さん「アセンス」が9月30日をもって閉店しました。

また、株式会社南海会館は書籍店「アセンス」だけでなくパチンコ事業(南海会館・パーク・アンジュ)などの全ての事業も閉鎖・閉店することを公式サイトで発表しています。事業を清算する準備に入っているのでしょうか…

 

アセンスの意味は?

弊社店舗の名前、アセンス(Athens)ですが、アテネ(現代ギリシャ語: Αθήνα, Athína, 英語: Athens)、美的感覚や感性のセンスという言葉、音の響きなどなど、当初は様々な意味からアセンス(Athens)とつけました。

アセンス公式Twitterより、2012年7月3日

 

 

心斎橋

アセンスといえば、心斎橋一等地に店舗を構える書籍店。

心斎橋筋商店街を抜けて周防町にたどり着く頃、ヨーロッパ通りとの交差点部分で目にする方も多かったのではないでしょうか

専門的な書籍も多数あり、Twitterを見ていると「他のお店になくてもアセンスに行けばある、いわば最後の砦的存在だった…」というエピソードもありました

余談ですが、地下鉄マニア的視点でいうと心斎橋駅の御堂筋線北側階段〜長堀鶴見緑地線の乗換部分に大きな広告枠を出されていたのが印象的でした。

 

針中野

実は、大阪南部のベッドタウン針中野にもアセンスはありました。こちらも同じく9月30日に閉店しました。同系列の南海会館ビルの2階に位置しています。

 

 

関連ツイート

https://twitter.com/nagadai30/status/1046278662952120320

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です