Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

公営地下鉄の黒字化相次ぐ…京都市営地下鉄でも

   

開業した1981年の翌年度以来33年間にわたって赤字続きだった京都市営地下鉄事業について、市は3日、2015年度の経常損益が黒字になったと発表した。利用客の増加などが要因で、黒字額は8億4800万円となり、前年度と比べ17億1千万円改善した。
収入は前年度比12億7900万円増の332億6700万円、支出は同4億3100万円減の324億1900万円だった。減価償却費などを除いた現金収支も過去最大の97億5100万円の黒字となった。

(中略)

事業資金不足を補う借入金の累積は309億1800万円に上り、企業債などの残高は3910億6900万円ある。合わせて4200億円を超え、さらなる縮減が迫られている。
市営地下鉄は2010年3月に、全国の地下鉄事業で唯一、自治体財政健全化法に基づく健全化団体に転落した。市は1日当たりの乗客を5万人増やすなどの目標を立て、18年度までの健全化団体脱却を目指している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160803-00000029-kyt-bus_all

一生黒字にならないとまで言われた京都市営地下鉄でも、黒字化を果たしました。

 

関西三大都市圏の神戸・大阪・京都が、路線別の収支では黒字化を果たしています。


 - 他鉄道