【京阪】2018年3月期3Q決算は増収減益へ。鉄道などの運輸収入が好調も介護事業の売却損を計上

2018年2月7日、京阪ホールディングス株式会社は「2018年3月期 第三四半期(3Q)決算」(4月1日~12月31日の営業成績)を発表しました。

※…Qは「クォーター」の意

 

ホールディングス全体

 売上高(営業収益)  営業利益  経常利益
 2017.3Q 2122億9300万円  257億7000万円  244億8400万円
 2018.3Q 2229億9300万円(+5.0) 244億9600万円(△4.9) 232億8700万円(△4.9)

京阪ホールディングスの主要事業は、鉄道などの「運輸業」、マンション販売・ビル経営などの「不動産業」、百貨店などの「流通業」の3事業となっている他、レジャー業なども行われています。売上高は前年度比で5.0%増の2229億9300万円、営業利益は前年度(2017年3Q)比4.9%減の244億9600万円と増収減益となっています。

今回は、その中でも主要3事業について取り上げます。

 

運輸業:プレミアムカーは好調なのに何故?

営業収益(売上高) 営業利益  前年度比
2017年3Q  714億1500万円  96億600万円  △5.6%
2018年3Q  699億4100万円  90億6500万円  △2.1%

 

運輸業については減収減益。定期旅客数の増加や伏見稲荷への観光者数が増加したことや、話題になったプレミアムカーをスタートさせたことで、運輸業そのものは堅調に推移しています。

しかしながら、運輸業セグメントに含まれている(京阪宇治交バスがスタートさせた為、運輸事業として計上)、介護事業の「京阪ライフサポート社」を関西電力に売却した事が、減収要因となっている模様です。

 

運輸業の今後に関しては、来期(2018年5月~)に枚方市駅の無印良品が参画したリニューアルが計画されています。さらに子会社の叡山電鉄に奇抜な観光列車が登場します。

 

不動産業:好調

出典:長谷工アーベスト『ファインシティ王子神谷 公式サイト』(2017年11月14日参照)

営業収益(売上高) 営業利益  前年度比
2017年3Q  534億8300万円  89億5200万円  +19.8%
2018年3Q  640億8200万円  93億4600万円  +4.4%

 

不動産業については、大幅な増収減益となっています。

不動産販売業においては住宅地「京阪東ローズタウン」、「ローズプレイス瀬田唐橋」、分譲マンション「ザ・レジデンス東三国」「キセラ川西オリヴィエ」を販売したほか、首都圏においても積極的な事業展開に努め、「ファインシティ王子神谷リバー&フォレスト」「ザ・ファイン築地レジデンス」などを販売しています。

不動産賃貸業においては「JCB札幌東ビル」や賃貸ビルを買収して「京阪横浜ビル」として賃貸開始、既存ビルについても稼働率向上に努めました。

これらの営業努力の結果が実を結び、前年度に引き続き増収を維持しています。

 

流通業:横ばい

営業収益(売上高) 営業利益  前年度比
2017年3Q  741億6800万円  20億9000万円  +0.4%
2018年3Q  759億6900万円  21億2000万円  +1.4%

流通業については営業収益・営業利益共に横ばいとなっています。サービスとしては京阪百貨店、京阪モール、フレスト、Sweets boxがここにあたります。

2Q時の内訳としては、百貨店事業が3億800万円の赤字、フレストなどのストア事業が4億3900万円の黒字、ショッピングモール経営が8億5700万円の黒字となっています。

ショッピングモール経営については、「京阪モール」のリニューアル効果で好調に推移した他、2017年4月14日に京都タワーに開業した「KYOTO TOWER SANDO(京都タワー サンド)」効果も含まれているようです。

ストア業については、「ユニクロ関西空港出国エリア店」がインバウンド需要を取り込んで好調に推移した他、2017年度に開業した「フレスト長尾店」「MUJIcom クリスタ長堀店」「SWEETS BOXシャポー船橋店」を展開するなど、投資のフェーズにあるといえます。

 

 

 

関連リンク

【京阪】2018年3月期2Q決算は増収減益へ。プレミアムカー効果は今期では現れず

 

参考資料

京阪ホールディングス『2018年3月期 第3四半期 決算短信』<https://www.keihan-holdings.co.jp/ir/upload/2018-02-07_3Q-kessan.pdf>