【叡山電鉄】700系改造の観光車両「ひえい」、3月21日デビューへ!【ひえー禁止】

出典:https://eizandensha.co.jp/wp-content/uploads/sites/2/2018/01/news_20180126.pdf

プレスリリース発表時、叡山電鉄公式サイトがサーバー落ちした程の大反響であった、新型観光列車「ひえい」。いよいよ登場です!

叡山電鉄株式会社(本社:京都市左京区、社長:塩山等)では、観光用車両「ひえい」のデビュー日 を2018年3月21日(水・祝)に決定しましたのでお知らせいたします。

3月21日(水・祝)は、冬の期間に運休している叡山ケーブル・ロープウェイ、比叡山内シャトル バスなど、京都側から比叡山へ向かう交通機関が運行を再開し、「山と水と光の廻廊<比叡山・びわ 湖>」の道しるべを目指す「ひえい」の運行開始にふさわしい日です。

また、この「ひえい」は、近年増加する海外からのお客さまへの対応として、従来車両よりも外国語 の案内を充実させたほか、車内には車いす・ベビーカースペースを設置し、バリアフリーへの配慮も 行った車両としています。

出典:https://eizandensha.co.jp/wp-content/uploads/sites/2/2018/01/news_20180126.pdf

 

…あらかじめ言っておきますが、「ひえい」が登場して「ひえー!」は禁止ですよ(ニッコリ)

 


ベースは700系

クールなデザインですが、実は車体はもともと運行されていた700形732編成がベース。京阪グループの車両製造を一手に引き受けている川崎重工において、長期間の改造が行われてきました。

「ひえい」の名の通り、運行は出町柳から八瀬比叡山口までとなり、鞍馬方面へ入線する事はなさそうです。

 

運行日・車内の様子

出典:https://eizandensha.co.jp/wp-content/uploads/sites/2/2018/01/news_20180126.pdf

運行日は火曜日以外の毎日で、なんと特別料金は不要との事

座席にはバケットシートを採用し、更に照明には、叡山電鉄初となるLEDダウンライトを採用しています。車内インテリアは京阪8000系プレミアムカーのように、出口と客室内が若干区切られたようなデザインとなっています。

マルコに恋して -大阪地下鉄道20の秘密-
(2017-04-25)
売り上げランキング: 26,537


文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。