【南海】新今宮駅北側に外国人の仕事紹介施設を建設へ

南海電気鉄道は13日、外国人に仕事を紹介したり、研修したりする拠点を新今宮駅(大阪市浪速区)近くで2019年9月に設けると発表した。大阪市から敷地を取得する。カフェなど交流スペースや宿泊施設を備え、沿線への外国人の居住や、周辺のにぎわいにつなげる。

南海は施設の売り上げに加え、沿線に外国人が住むことで鉄道や商業施設の利用につなげ業績を押し上げる考え。最近では和歌山県の人口減少が深刻な一方、大阪府内の外国人労働者(16年10月末時点)は約5万9千人と1年前より29%増えた。

出典:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23423070T11C17A1LKA000/

「沿線に外国人が居住して鉄道や商業施設の利用につなげ業績を押し上げる考え」…とありますが、私は移民反対派なので心配です。路線沿線の国籍別対立、宗教的対立から来る取り返しのつかない治安悪化を招きかねない。

出典のない個人的に聞いた話で恐縮ですが、文化の違いから摩擦がかなり見受けられるようです。狭い部屋に4人が入って大騒ぎ、廊下に脱糞…などなど

パリでは移民による暴動も起きています。企業による安易な外国人流入斡旋は、長期的に治安の悪化を招きかねません。