【京阪】プレミアムカー絶好調!9月中間決算において売上高過去最高へ

「京阪ブランド」が一挙に躍進した感がありますね…!!

 

 京阪ホールディングス(HD)が30日発表した平成29年9月中間連結決算は、売上高にあたる営業収益が前年同期比1・8%増の1437億円で過去最高となった。最終利益は同4%増の125億円。鉄道事業は、京都方面へのインバウンド(訪日外国人)需要が堅調で、8月に運行を始めた座席指定の有料特急車両「プレミアムカー」も順調に客足を伸ばした。(中略)

(プレミアムカーについては)平日の乗車率は7割弱、土日は8割程度と好調だ。担当者は「ゆっくり座って出かけたい乗客の需要が、予想より高かった」と話している。

特別料金の収入は上期の8、9月だけで5200万円。通期では当初予測を3割程度上回る利用者約60万人、2億7千万円を見込んでいる。

出典:『京阪「プレミアムカー」好発進 9月中間連結決算は売上高が過去最高』<http://www.sankei.com/west/news/171030/wst1710300081-n1.html> (2017年10月30日,産経WEST)

売上高増については、インバウンド観光客の恩恵に加えてプレミアムカーの需要が高かったことも挙げています。

ゴールドとブラックを用いた高級なインテリアデザインやコンセント設備、2+1のリクライニングシートなど、至れり尽くせりの設備に対して500円と安価であることなど、まさに京阪特急ブランドの上手い点である「高品質・割安感」を前面に押し出し、顧客を獲得した結果です。

今回のプレミアムカー改造にかかった費用は16億円とのこと。2ヶ月での売上が5200万円ですから、年あたりに直すと3億円ほど。ペイするには約6~7年ほど…といったところでしょうか