僕らをつなげた「石本 隆一」氏と「書籍:大阪の地下鉄」

25616_02

私は、小さな頃から大阪市営地下鉄が大好きでした。

幼稚園・小学校・中学校とまったくその基本スタンスは変わらず、級友に対しても「地下鉄マニア」で通っていましたし、中学校の部活動の朝練をサボり、一人朝ラッシュ時の地下鉄に乗って「朝電」をしていたこともあります。笑

 

先生方もそれを知ってか、私の朝電は半ば黙認されていました(笑)し、鉄道の記念品や旅行先での切符をもらったりと、様々な場面でよくしてくださりました。

 

学生時代は目立つようなガキ大将タイプでもなければ、おとなしく根暗な所謂「陰キャラ」タイプでもなく、好きなことを好きなだけやる、あまりクラスの子らとは深く関わらない「変な存在」でした

 

生まれてかれこれ数十年になりますが、ここまでまぁブレずに地下鉄ファンをやってきたなあと自分でも思います(笑)

 

031

しかし、所詮同じ学校程度の小さなコミュニティでは、ライトな鉄道ファンは居ても、ディープな地下鉄マニアという存在とはなかなか出会えませんでした。

 

鉄道ファンの中でも「地下鉄ファン」というのはかなりニッチな存在で、

企業系で分けると、関西での鉄道ファン比率は「JR西日本>阪急=京阪>近鉄>南海……」とあって、その先にようやく大阪市営地下鉄があるかな、という程度だと思います。

 

とある地下鉄ファンとの出会い

0_1

そんな中、私はなにわの地下鉄管理人、第三軌条氏と出会いました。

彼は私よりも大阪市営地下鉄に関して造詣が深く性格も穏やか、かつ頭もキレる。

そんな彼は一足先に「なにわの地下鉄」を開設していましたが、遅れること半年後ほど私もサイトを開設、現在の「Osaka-Subway.com」が出来上がります。

 

20140116230332
そんなニッチなファン同士であった二人の共通バイブルであったのは、石本隆一氏が書かれた「大阪の地下鉄」という書籍なのです。

 

1999年に発行されたこの書籍は、昭和8年の御堂筋線梅田-心斎橋駅開業時から、高度経済成長期における50系・30系や万博輸送、70系の花博輸送や当時最新鋭の21系18編成が運行開始されるまでの、大阪市営地下鉄「だけ」を扱ったボリュームのある書籍でした。

誕生日プレゼントに目を輝かせながら買ってもらった事を、今になってもよく覚えています。

 

 

ファーストコンタクトでお互い人見知りを発揮していましたが、それでも話が盛り上がったのはこの「大阪の地下鉄」で共通の話題が出来たおかげでした。

 

1999年に購入してから15年程になりますが、今でもサイト製作における資料として大活躍する一級品の書籍として、大事にしまってあります。

 

 

Osaka-Subway.comのルーツ

「つなげた」といっても、私はこれまで一度も氏をお見かけしたことはありませんが、石本氏の「大阪の地下鉄」がなければ、私はおそらく大阪市営地下鉄に関しての知識はそこまでなく、Osaka-Subway.comも生まれていなかったかもしれませんし、第三軌条氏と出会うことがあってもここまで仲良くはなれなかったかもしれません。

何も接点のなかった大阪市営地下鉄好きな2人が、この書籍のおかげで、今ではかけがえのない友人になっています。

 

石本隆一氏こそが、今のOsaka-Subway.comの原点でもあるのです。


1 個のコメント

  • 初めまして。
    テレビ番組でディレクターをやっている三林(みつばやし)と申します。

    今、熱血地下鉄マニアを探している最中で、
    偶然、こちらのブログを拝見し、
    非常に興味を持ちました。

    一度詳細をお話しさせていただきたく、
    個人的に連絡のやりとりをすることは
    可能でしょうか?

    何卒よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です