【JR西日本】京橋駅、リニューアル!車椅子ユーザーからの訴訟問題解決へ

JR京橋駅が、リニューアル工事を行うことがプレスリリースで発表されました

JR西日本グループでは、2013年度から『大阪環状線改造プロジェクト』をスタートし、大阪環状線のイメージ刷新とお客様満足度向上を図るため、さまざまな施策を展開しています。

その大阪環状線の中でも、京橋エリアはビジネスとレジャーが融合するまちであり、大阪環状線のほか京阪本線、地下鉄長堀鶴見緑地線、JR東西線、学研都市線と複数の鉄道路線が乗り入れる大阪「ヒガシ」の玄関口です。このたび、京橋駅周辺地区が政令で都市再生緊急整備地域に指定されたことを受け、去る8月8日にお知らせしたとおり、京阪ホールディングス株式会社と当社で将来のまちづくりに向けて、交通結節点としての機能整備に連携して取り組むこととなりました。

つきましては、当社、京橋駅が当エリアの魅力あるまちづくりの一端を担うと同時に、ターミナル駅としてふさわしい機能を整備することを目的に、以下のとおりリニューアル工事を開始します。
リニューアルにあたっては、現状の課題解決を図るとともに、「駅と駅」、「駅とまち」をつなぐターミナル機能を強化し、魅力あるまちづくりに貢献していきます。

出典:https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/08/page_10939.html

期間は2017年8月下旬から2021年までの予定…とのことです。4年がかりの工事になるようですね。

 

京橋地区の再開発

今回の再開発は都市再生緊急整備地域に指定されて動き始めたもので、今回のJR京橋駅の他、KDDI大阪第2ビル、新MIDビル、読売テレビ新社屋の開発と一斉施工されるものです。

また、京橋ど真ん中に位置しながらも、いまひとつその好立地を活かせていなかった、旧ダイエー京橋店(現イオン京橋店)が、大きく生まれ変わることも計画されているようです。

イオン京橋店が、複合型の高層ビルへと建て替えられるのでしょうか…

 

問題となったエレベーターも…

バリアだらけの京橋駅…JR西日本を提訴へ

以前ご紹介しましたが、乗換時にエレベータを5基を使わないと辿り着かないバリア満載のJR京橋駅ホーム構造は、憲法で保障された移動の自由を侵害しているとして、大阪地方裁判所に訴訟されるほど問題となっていました。

 

kyobashi2

出典:https://www.jr-odekake.net/eki/premises.php?id=0610511

 

この訴訟の効果なのか、今回のリニューアルでエレベータも増設されるようです。ようやくバリアフリー化が進むことになりそうですね。

参考URL:https://www.westjr.co.jp/press/article/items/170810_00_kyoubshi.pdf

 

追記

ABCニュースによると、この訴訟の和解なども視野に、9月に裁判所を交えて話し合うことになったそうです

参考:https://www.asahi.co.jp/webnews/abc_2_004_20170810011.html