【コラム】名古屋市営地下鉄東山線のサイズが小さいわけ

名古屋市営地下鉄の東山線は、大阪で言う御堂筋線のような名古屋市におけるメインの地下鉄路線であるにも関わらず、車幅2,550mm、高さ3,450mmとかなり小さく作られています。

その影響で随一の利用者数を誇る名古屋駅はもうパンパンで、駅の島式ホームは苦肉の策として東西にズラした形となっています。

参考

・名古屋市営地下鉄東山線:車幅2,550mm、高さ3,450mm

・大阪市営地下鉄御堂筋線:車幅2,900mm、高さ3,750mm
・東京メトロ銀座線:車幅2,800mm、高さ3,500mm

 

なぜ小さいのか?

東京の銀座線・大阪の御堂筋線と、既に先例がありデータも取れる環境であったにも関わらず小さくなった理由として、こう記載されています。

(a)無音電車とするため車両構造上から車両重量を軽くする必要があり、そのため車両を小型とする
(b)地下隧道の建設費をできるだけ少なくするため隧道断面を小さくする。
(c)東京および大阪と名古屋の都市の大きさ、あるいは周辺都市の分布状況などから考慮して小型でも十分である。

出典:『名古屋市高速度鉄道建設史』92-93p

 

(a)の無音電車というのは、名古屋市電(路面電車)である1900形電車の設計思想で、いわゆる「PCCカー」のことを指します。この技術を応用して東山線の初代車両を作ろう…という構想であったようです。

また、(b)(c)はどちらも費用的な問題や将来の不安を鑑みてのことであったようですが、この時代の名古屋の方は今日の名古屋・愛知経済の発展ぶりがここまでになるとは思いもよらなかったのかもしれません。

 

つまり、東山線のサイズが小さいのは「路面電車の技術を応用する為」「将来の費用的な不安視」のためといえます。

 

昔から名古屋の方はこういった堅実な経営思想があり、バブル崩壊期には殆ど被害を受けなかったそうです。私は名古屋の方のこういった経営思想や文化面をとてもリスペクトしています。

 

 

名古屋市営地下鉄ギャラリー

のちの記事使用の為に、ここへアップロードしておきます…