【JR東日本】E7系を用いた自動運転試験を新潟で実施へ

【JR東日本】E7系を用いた自動運転試験を新潟で実施へ

JR東日本は、上越新幹線などで使用されているE7系新幹線電車を用いて新潟駅~新潟新幹線車両センターまでの自動運転試験を開始すると発表しました。

期間は2021年10~11月ごろの予定と、まだもう少し先のスケジュールです。

 

試験内容は2つ

新幹線の自動運転実現に必要なノウハウの蓄積と検証を行うべく、E7系12両編成を用いて新潟駅から車庫である新潟新幹線車両センターまで約5kmの道のりにて行うものです。

自動運転試験の内容は「ATO機能の検証」「5Gを鉄道輸送に用いた活用方法」の2つ。リリース内では以下のように説明があります。

 

⑴ ATO 機能の検証
① 列車の準備が整ったことを条件に、遠隔で発車させること
② ATO が自動的に列車の加速・減速を行うこと
③ 自動で決められた位置に停車できること
④ 緊急時には遠隔で列車を止めることができること

⑵ ローカル5G の性能確認
同時期に本試験環境にて、ローカル5G を利用して高精細映像をリアルタイムに伝送する技術な
どの試験を行い、鉄道における5G の活用の可能性を検証します。
沿線に基地局を設置して、走行中の回送列車と伝送試験を行い、大容量・低遅延通信ができる
ことなど5G の鉄道環境での性能について、確認します。

出典:https://www.jreast.co.jp/press/2020/20201110_ho02.pdf

 

実は、新幹線は開業当初から減速は自動制御なんです。

電車でGO!をプレイした方にはわかると思いますが、30km/hまではATCが自動的にブレーキをかけ、最終停車時と加速のみを運転士さんが担当しています。

ここまでは50年も前から実現しているのですが、全てをオートにするとなるとそれ以上の技術的課題があるのでしょうか…。

 

 

関連リンク

【JR東日本】山形新幹線に25年ぶりの新型車「E8系」を導入!300km/h運転を実施

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

23日(祝)
24日(火)
25日(水)
26日(木)
  • ↑↓
27日(金)

JR東日本カテゴリの最新記事