大阪モノレール3000系-編成表

大阪モノレール3000系-編成表

大阪モノレールの新車、3000系電車の編成表です。2020年現在4両編成が2本所属しています。

何故かWikipediaにまだ3000系電車の項目がないようなので、一足先に当サイトがページを作ってみました。

今後も増備計画があり2021年度には3本(52~54編成)、2022年度には4本(55~58編成)が導入予定順次1000系を置換えていく計画です。

 

所属車両基地:万博車両基地

 

万博車両基地 所属

←大阪空港・万博記念公園  |  門真市・彩都西→

 編成名 基本編成 竣工日
3150F
1号車
3650

-

2号車
3550

-

3号車
3250

-

3号車
3150
2018.?
3151F
1号車
3651

-

2号車
3551

-

3号車
3251

-

3号車
3151
2020.?

 

 

簡単な解説

3000系電車は2018年より導入が始まった、現在の大阪モノレールでの最新鋭車両です。2020年現在は2編成で運用されています。

冒頭でも書いたように、2021年度には3本(52~54編成)、2022年度には4本(55~58編成)が導入予定で、2022年度までに合計9編成が出揃う予定です。

 

車内には大阪モノレールでは初めての中間貫通扉を採用している他、案内用の小型液晶ディスプレイを扉上に2枚採用しています。

また、標高が高い位置にあり風が吹くモノレールの駅を考慮して、列車扉の手動扱いボタンを初採用。

大阪空港・門真市・彩都西駅などの始発駅において運用が始まっています。

 

関連リンク

【大阪モノレール】新型車両第2弾、3000系51編成(3151F)が運行開始!

【大阪モノレール】バリエーション豊富な車両達を撮影してきました

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

23日(祝)
24日(火)
25日(水)
26日(木)
  • ↑↓
27日(金)

大阪モノレールカテゴリの最新記事