【東京都交通局】22年ぶりの新車!都営三田線用「6500形」導入、現在近畿車輛で製造中

【東京都交通局】22年ぶりの新車!都営三田線用「6500形」導入、現在近畿車輛で製造中
出典:東京都交通局「都営三田線 8両編成の新型車両「6500形」を導入します」

 

東京都交通局は、都営三田線(みたせん)22年ぶりの新型車両である6500形を2022年度から導入すると発表しました。三田線では3代目の車両かつ、初めての8両編成となるようです。

現在近畿車輛で製造中と目撃情報が上がっており、プレスでは11月に01編成が搬入されるという記載があることから、まもなく徳庵~東京方面への輸送列車が走るものと思われます。

外観デザインはカクカクとした、山手線E235系のようなスタイルですね。

 

東京都交通局では、三田線で平成12年以来22年ぶりの新車となる、新型車両「6500形」を導入します。従来の6300形車両は6両編成でしたが、今回導入する6500形車両は三田線初の8両編成となるため、輸送力が増強し、お客様の利便性が向上します。

6500形車両は、令和2年11月に1編成が搬入されて試験調整等を行った後、令和4年度から営業投入し、6300形車両を順次置き換えていく予定です。

出典:東京都交通局「都営三田線 8両編成の新型車両「6500形」を導入します

 

車内の様子

出典:東京都交通局「都営三田線 8両編成の新型車両「6500形」を導入します」

車内にはWi-fi設備も搭載し、車内照明にはLEDを採用。透明なガラスの大型袖仕切りなど、地下鉄用車両としてはオーソドックスなスタイル。それを青色基調のカラーリングでまとめています。

また趣味者的に興味深いのは、車輪周りをチェックする為の「点検蓋」が取り付けられていることです。昨今の車両では点検蓋は省略されがちなのですが…笑

 

どことなく京阪3000系を彷彿させるデザインですね。

 

6300形は当面安泰

現在の都営三田線は、2代目の6300形が運行中

全37編成すべてが三田線で運行されていますが、今回発表されたリリースではこのうち13編成の置き換えを示唆しています。

全廃とはなりませんが、6300形も経年30年程度で置換えられていくようですね。

 

東京圏の地下鉄は、現在世代交代の波が押し寄せています。

東京メトロ半蔵門線や副都心線・有楽町線では後継の18000系・17000系の導入が発表されていますし、同じ都営地下鉄でも浅草線が新しい5500形へ切り替わりつつあります。

 

関連リンク

【東京メトロ】副都心線・有楽町線に新型17000系を投入。2020年度下半期予定、7000系代替へ

【東京メトロ】副都心線・有楽町線に新型17000系を投入。2020年度下半期予定、7000系代替へ



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

23日(祝)
24日(火)
25日(水)
26日(木)
  • ↑↓
27日(金)

東京都交通局カテゴリの最新記事