【北陸新幹線】越前市新駅名の候補が6つに絞られる…「南越」は除外へ

【北陸新幹線】越前市新駅名の候補が6つに絞られる…「南越」は除外へ
出典:北陸新幹線新駅駅名候補選定委員会「北陸新幹線の概要」より

 

2023年に金沢~敦賀まで開業予定の北陸新幹線

その中でも、越前市に位置する駅は既存のJR線に接続しない駅であることから唯一正式名称が決まっておらず、長らく「南越(なんえつ)駅」が仮称とされてきました。

 

今回、21日13時半から開催された「第3回北陸新幹線新駅駅名候補選定委員会」において、新武生・越前武生(越前たけふ)・越前市・南越たけふ(南越武生)・越前・越前国府の6つを候補とすることが決まりました。

これまで仮称であった南越駅の名前は、今回で消えることとなりました。

 

福井県越前市にできる新駅の名称を検討する委員会が21日、同市役所であり、これまでの8案から「新武生」など6案に絞られた(中略)

6案は新武生のほか、越前武生、越前市、南越たけふ、越前、越前国府。越前武生は「越前たけふ」、南越たけふは「南越武生」の表記も併記した。

出典:中日新聞「北陸新幹線の新駅名6案に 福井・越前、来春決定へ

 

 

2020年5月時点の候補

【この時点で候補にあがった駅名】
1位:越前武生(たけふ)
2位:新武生(たけふ)
3位:越前市
4位:南越たけふ(武生)
5位:越前
6位:東武生
7位:武生新
8位:南越
9位:越前国府

【この時点で落選】
10位:越前武生・鯖江
11位:越前日野
12位:丹南中央
13位:越前鯖江

 

ここから、今回更に「武生新」駅と「南越」駅が外された形になります。

5月での評定が低かった9位の越前国府が残り、一方で上位であった武生新・南越が外れているなど必ずしも評定が評価されているわけでもなさそうです…が、越前武生が今のところ有力候補であるようにも見えます。

 

なぜなら、この駅の周辺市町村は鯖江市・池田町・南越前町・越前町と、「越前」が入る地区が2つもあり、すでに「越前武生」駅を保有している福井鉄道もその事について了解しているという事情もあるからです。

 

越前市としてはこの6案をJR西日本に提出するものと見られ、最終的な決定はJR西日本によって2021年春になされるとのこと。果たしてどの駅名が採用されるのでしょうか…?

 

 

参考文献

福井新聞ONLINE『北陸新幹線、福井県の新駅名に8候補「鯖江」は落選、私鉄使用の「越前武生」残る』
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1093565

武生市「北陸新幹線新駅駅名候補選定委員会」
https://www.city.echizen.lg.jp/office/030/015/hokurikushinkansen/sinekiekimeikouhosentei.html



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

5日(水)
6日(木)
7日(金)
8日(土)
9日(日)
10日(祝)
11日(火)
12日(水)

JR西日本カテゴリの最新記事